FC2ブログ

食堂二階

産能大学のSG研OBが適当に気になった話題や駄文などを書きなぐるブログです。

【雑記】近所にCOMFORT MARKETの1号店ができました

2019080601.jpg

セブン&アイの出資での新形態のスーパーとのことです。
公式サイト

セブン&アイなんで小さなイトウヨーカー堂かなぁと思ってたんですが、
ちょっとおしゃれな感じのスーパーでセブン系列の商品とかも有りませんでした。

ただちょっとおしゃれにより過ぎてしまって、
空港とかにある土産物屋みたいな感じになっており、
あんまお得感がない感じなんですよねぇ。

【雑記】三国志展で展示されていた横山光輝の原画まとめ

2019072504.jpg
流石に桃園の誓いは外してきませんね
関羽「ムーッムーッ」

2019072510.jpg

ちなみに中山靖王劉勝さん、子供が確認されているだけで120人以上いるそうな
さらに劉備が生まれるよりも300年くらい前の人物
もはや血筋なんて意味ないよね


2019072511.jpg

この漫画における黄巾賊の扱いは雑で、この首領にも名前は有りません。
ちなみに鄒靖将軍と劉備の義勇軍と黄巾賊の戦いですが、
鄒靖将軍は幽州太守劉焉の配下なんですよね。
劉焉は後に劉備が奪うことになる蜀の劉璋の父親となります。

2019072514.jpg

孔明が軍師として一番輝いていたのが赤壁だと思います。
もしかしたら少し前かもしれませんが…。

DSC2019072701_0290.jpg

今回の呉要素は魯粛のみ。
せめて孫権位出してあげてよ…。


2019072517.jpg

しかし、ここにいる文官は誰が誰やらですね。
ぶっちゃけ名前を見れたらそうそうたるメンツなんでしょうけども。
曹操だけに。

2019072522.jpg

この後、魏延がウキウキしながら出番を待っていますね。
馬岱「すぐに退場だぞ!」


多分これで全部かな?
多分抜けはないかなとは思います。

むむむ、個人的にはもうちょっとネタに走ったシーンを入れても面白かったかなって気がします。

【FGO】マンガでわかる人類悪



力を入れているのか、入れてないのか。

【FGO】漫画版のオケアノス始まってましたね



オケアノスはメディアリリイが出てきてからスタートみたいなところがありますけどねぇ。

こないだ温泉でマンが読んだせいで、読めなかった文を補完しに
久しぶりに漫画喫茶言ったんですが、
センゴク権兵衛の2巻にきよひーの話がちらっと出てきてましたね。
珍念を蒸し焼きにしたあの鐘をかっぱらうとか
相変わらず仙石秀久は余計なことしているな!

【雑記】ホテルサンバレー伊豆長岡で読んだ漫画!

パン屋でクロワッサンの食べ比べをすることが新しい趣味になりそうな管理人です。

ホテルサンバレー伊豆長岡のまんが図書館で読んだものを
せっかくだからレビューがてら紹介していこうかなと思い立ったわけですよ。



いきなり色モノかよ!って感じですが、ガンダムEXAです。
なんとなく棚見てたら目に入ったので(ぶっちゃけ自分で買うことはないだろうという判断)なんとなく読んでみました。

ガンダムエースで連載していたらしいんですが、
内容的なノリはボンボンを思い出させるものでした。

帰って評判調べてみたら、全ガノタを敵に回したガンダム版ディケイドとか言われていて、
うん、まぁそんな感じでした。

ぶっちゃけ心を広くして読まなければならないタイプです。
あ、ガンダム設定厨だって自意識がある人は絶対触れてはいません。

読んでたときは気が付かなかったんですが、
原作はゲーセンのガンダムVSになるのかな?
それの主人公みたいですね。
ゲーセンのあそこは魔境なので全く近寄りもしなかったから知りませんでした。

ホテルサンバレー伊豆長岡で7巻の完結までは読んでみましたが、
続編がさらに7巻あるみたいですね。
読むのはある意味すごいエネルギーを使うので読むかどうか未定。




昔途中まで買ってたなぁということで懐かしくなったので読んでみました。
暗めのファンタジーって感じの内容ですね。
まぁロクでなしが碌でもない事をやって、
主人公がそれに立ち向かうって王道パターンのものです。

問題は完結がタイトル変えて行われたため、
ホテルサンバレー伊豆長岡にはなかったことですかねwww



正直終盤でかなりだれて読者も疲れてしまったのか、
完結編の方は2巻で終わっています。
そして、管理人は完結まで読んだか覚えていない…




なんか話題になった本のコーナーに置かれていたので、なんとなく読んでみました。
はじめにバズった時、さんざん宣伝されていたから
一話だけ読んだことあったんですよね。

個人的な感想としては一番最大の山場が一話じゃねぇかって感じでした。
あとはオタクに優しい世界がゆるく続いていくのですが、
盛り上がりどころもあんまりないため、
日常物をひたすら読みたいって人以外にはおすすめできないかなぁといった感じ。
はじめに話題になってからあんま話しに上がらなかったのも納得。

しかし、3巻までおいてあったんですが、既刊は7巻まで出てるんですね。
まんが図書館のアップデートは年単位でされてない予感w




センゴクシリーズの二部め。
これも途中までは読んだんですが、
タイトル変わって巻数リセットされるとどこまで読んだのかわからなくなるんですよねぇ
そのせいで読まなくなってしまったので今回ちょうどいい機会ということで読みました。

それはいいんですが、これもホテル側のアップデートから除外されているため、
三部以降がなかったのは残念。

センゴクも読んてで見ると面白いんですが、
何回も読み直すって感じでもないんですよねぇ。

しかし、始まった頃は戸次川の戦いまで書ければいいですねって冗談ぽく言ってたのが
今となっては看板作品になって、
おそらく仙石秀久の生涯を書ききる感じですからすごいですよねぇ。


最近漫画はほとんど電子書籍で購入しているんですが、
まんが図書館みたいに本を見ながらこれもう一度読んでみたい、
そういえば読もうと思って読んでなかったな…的な発見は楽しいってことを再確認しました。

読めなかったものとかは漫喫に補完しに行くかなぁ。

次のページ