FC2ブログ

食堂二階

産能大学のSG研OBが適当に気になった話題や駄文などを書きなぐるブログです。

2006のアニメ総括

そろそろ今年最高だったアニメを決めよう
そろそろ今年最低だったアニメを決めよう

というものがあったので私の価値観で2006のアニメを振り返ってみます。

書いてみたらずいぶん長くなりました。
とりあえず、自分が1話でも見たものを対象にしてみます。

タイトルがないものは見ていないということで。

お勧め(今年を代表する作品)
涼宮ハルヒの憂鬱
 去年のAIRから急激に注目を集めていた京アニから提供された社会現象にもなったアニメ。
 アニメとしての完成度の高さと、原作を熟知することによってアニメ化することで昇華といっても過言でない出来で世に送り出された作品。
 原作も人気作品だが、ここまで騒がれたのは京アニ政策だったからなのは間違いない。
 EDの歌などがオリコンにも登場してエヴァの再来か?ともいわれたが現時点でブームかなり落ち着いており、一過性のものだったといえる。
 オタクはみんな知っているが、一般人は聞いたことあるけどそれ何ってというレベル(それでも名前を知られただけでもすごい)。涼宮ハルヒってなーにって何回一般人に聞かれたことか…。

うたわれるもの
 正直、いまさらうたわれるものかよと思ってました、すみません。
 PC版はクリアしたんですが程よくどんなストーリーか忘れかけていたのでアニメがとても新鮮に楽しめました。
 さらには「うたわれるものラジオ(音泉)」というブーストがあり最終回まで楽しく見させていただきました。
 ただ、楽しさがアニメうたわれるものよりもラジオの方が上となったのは笑えますが。

桜蘭高校ホスト部
 世間がハルヒ、ハルいっている同時期にやっていたアニメ。ハルヒブームの中でも評判はよく、ある程度ハルヒブームが収まってくると作品の評価が尻上がりで上がっていった。
 ちなみに私は某熱海の白い怪人のお勧めで原作はすでに読んでいたので新鮮味はなかったですが、それでも十分に楽しめました。
 ちなみになにかとハルヒの引き合いに出されるのはこの作品の主人公の名前がもハルヒ(藤岡 ハルヒ)だから。

ゼーガペイン
 登場キャラの地味さや3Dロボ戦闘のもっさり感から放送当初は駄作ではないかと思われていましたが、その後評価は尻上がりにあがっていきました。
 個人的には物語からEDへの入り方は神クラスではないかとおもいます。
 終盤の盛り上がりは異常。

BLACK LAGOON
 SG面子にはTEX-MEXでおなじみですね。BLACK LAGOON自体は1話から雑誌で追っていたのでアニメ化はうれしい反面、双子のストーリーとか任侠話とかどうするんだよとかおもってましたが、全部やりましたねw
 まぁ作品的にガンアクションなどの派手な動きが多いのでそこらへんはアニメスタッフの腕の見せ所といった感じでしょうか。

少年陰陽師
 個人的に見てみたら面白くて原作小説を全部買ってきました。
 小説よりもアニメの方が面白いかもっていうか12神将や妖怪などがビジュアルで直接的に見えたほうが楽しい作品ですしね。
 まぁ正直小説の挿絵よりもアニメの方が好みということもあります。

Kanon
 かつて鍵っ子呼ばれていた人々にとってはたまらない作品に京アニは仕上げてきました。ファンが夢見たアニメ化といった感じです。もうあの黒歴史のことなんか気にしなくても大丈夫ですよという出来。
 ただ、惜しむらくは対象がかつての鍵っ子メインになっているため、原作を知らない人間、つまり予備知識がない人にとってとっつきにくい感じのアニメになってるかなぁという印象を受けました。
 私は鍵っ子というよりも葉っぱよりの属性ですが、それでも一話のOPからEDまで見たときはあのころは若かった感慨が色々と湧きました。
 かつてうぐぅといっていた方々には是非。

コードギアス
 色々とごたごたがあったものの原作付ではないアニメの中では今年最高の出来のものではないかと思える作品です。
 ギアスの力、エロいなぁ、女のキャラエロいなぁというものもありますがシリアスに偏り過ぎない、息抜きや笑いどころの多い続きが気になるストーリーと安定して高い水準の作画などでおもしろいなぁと純粋に思います。
 「オレンジ」ネタなど視聴者のこころをつかむのは「ガン×ソード」の流れに近く、さすがだと思いました。
 ネットでもコードギアスの続きが~という意見をしょっちゅう見かけますしね。…オレンジも大人気ですしw



それなり(普通に見て全然問題ないのでは)
Fate/stay night
 初めに断っておくと、私はFateは体験版しかやったことがなく、ストーリーもあらすじ程度、キャラの設定はいろんなところで見て知っているという感じなので先入観は余りありません。ネットでの評判を見ているとファンの人だともっと評価下がるかもって感じですね。
 個人的には月姫の真月譚と比較した場合かなりましだったのではないかと思っています。まーゲームのストーリーと変わってしまうのは媒体が変わったので仕方ないと思います。
 全体的に作りも丁寧だった気がしますね。

ARIA The NATURAL
 ARIAの第二期。ARIAという作品自体が作品そのものの雰囲気にのべーっと浸る感じのものなのでアニメを見ていてたまに眠くなってくることも…。
 この作品にかぎっていうならば「だがそれがいい」という感じなので好みは分かれると思われる。
 個人的にはアニメよりも漫画版のほうの雰囲気が好きです。

女子高生 GIRLS-HIGH
 もはや、いまどきルーズソックスですかwwwという感じになってしまったですねぇ。本編はともかく、EDの動画が結構よくてお気に入りだったため評価は高め。
 原作漫画も結構好きですよ。

ひぐらしのなく頃に
 原作ファンからは非難ごうごうで、人によっては評価は駄作ランクまで落ちるかと思いますが、原作やったことないので正直、別に…って感じでした。
 個人的にはインパクトがあった作品、まぁ急展開すぎるというのもありますが、何も知らないときに見ると結構楽しめます。
 まぁアニメ見るより原作やっとけというのが一般的な回答らしいですが。
 ちなみにOPが結構好きです。

いぬかみっ!
 本編が始まる前は「どう見ても萌アニメです、ありがとうございました」という感じでしたが、いざ見てみると、しまったこれはHENTAIアニメだということで萌えで変態を一生懸命薄めているというか覆い隠しているそんなアニメです。
 以上にマッチョな男の出現回数や、それに沿ったストーリー展開が多いので萌えの部分を期待していた人は衝撃を受けるかもしれません。
 友情物語・男子(?)バージョンは必見。

彩雲国物語
 色々と突っ込みたいところは多いけど好きな作品のアニメかなので評価は高めに。
 原作は個人的には神レベル、ちょっと最近はキャラを増やしすぎという感じもしますが、回りに進めた後感想を聞くとおおむね好意的。
 アニメは監督独自のオリジナルストーリーが入って、原作のキャラが削られたり、省略されたりしているためファンとしては腹立たしい限り。
 もともと内政を中心とした政治のお話なのでアニメ向きというよりも小説媒体のほうが本来の面白さを発揮できる作品なんですけどね。

ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 これもラノベ原作のアニメですね。放送時間がコロコロ変わってみたり、知名度もいまいちとあまり恵まれていない作品ですが、アニメとしてみると丁寧に作っているなぁという印象が。
 大賞にはならないけど佳作って感じの評価は出せるってアニメでした。

神様家族
 なんとなくとったから見てみようとはじめは特に関心を持っていなかったアニメですが、以外に面白かったです。
 家族~とタイトルにもあるとうり、絆ってのを物語の中心にして構成されています。
 最後に家族の温かみが出るような作品でした。

ゼロの使い魔
 原作は萌えが7割で残り3割が燃えっていう構成でしたが、アニメは9割が萌え。
 主人公がDQNにしか見えないとか、ストーリーが原作の構成と違うなどという突っ込みどころは満載ですが、原作を無視すればこのアニメを見ようと思ったら視聴者に答えた感じのアニメなのではないかと。たぶん性的な意味も含めて。

BLACK BLOOD BROTHERS
 珍しく原作小説よりもアニメ版のほうが好きな作品でした。
 というか超人的な動きがある作品っていうのはアニメとか視覚にうったえるところが多いものの方が楽しいですね。
 アニメは序章!!!ってところで終わってしまいましたが第二期あるかなぁ…。

ゴーストハント
 ミステリー系なのですが、純粋に次回が楽しみになる作品なので評価は高め。
 これも某熱海の白い怪人に原作渡されて読んでます。しかし、もう内容忘れているので、アニメ見ながらああそんなオチだったねとか楽しんでます。

地獄少女 二籠
 能登が怖いよ!!!ってことにつきるアニメ。まぁ前期と方針がいっしょなので、安定して面白怖いストーリーを楽しむことが出来ます。前期に比べて少し救われない話が増えたかなぁという気もしますが、結局みんな地獄落ちですしネ。



普通(別に見なくても見てもどっちでもいいかも)
あまえないでよっ!! 喝!!
 あまえないでよっ!!の第二期。煩悩が~とかいう設定の時点でまぁお察しくださいという感じ。
 基本的にラブコメだが、特筆して面白いわけではない分、そこらへんをサービスシーンでカバーしていた。

陰からマモル!
 可もなく不可もなくラノベ原作の雰囲気をそのままアニメ化した感じでしょうか。
 私はアニメ見てからなんとなくラノベのほうも読んでみたわけですが、原作を壊さずにアニメ化できているよい例ではないでしょうか。
 とうはいっても一部熱狂的な信者がいるみたいですが、個人的には原作自体がすごく面白いわけでもないけど何も考えずに見る分には楽しいねという感想でした。

スクールランブル二学期
 漫画の原作つきのアニメとしては問題はまったくないんではないかなと思います。
 さほどお勧めってレベルではないのはなんとなく見ていたアニメでスクールランブル自体そんなに好きでないけど惰性でって感じだからという身も蓋もない理由だったり。
 ファンだったらもっと上の評価を出すと思います。

シムーン
 つまらなくないけどどうもいまひとつって感じなのは何でだろうと考えていたのですが、たぶん声優がほとんど(全員かな)女性だったためという結論でした。そのせいで記号的にキャラを聞き分けるのが難しくなり、ちょっと混乱したところに耽美というか百合?というかいわゆるそっち系の世界観が中心となる作品だったため理解が追いつかなかったというか、作品に合わなかったという感想です。
 しかし何でカタツムリなんだろう。

プリンセス・プリンセス
 男子校には姫という制度があり、姫に選ばれた人間は女装して…というストーリーから腐女子うけはするものの、当然のごとく萌えがほしい男のオタクには受けなかった。
 というか男子校出身の私としては、こんな制度があったら学校変えるよという嫌悪感もあります。性的な意味で。
 まぁストーリー自体はこれも熱海の白い怪人に原作をお勧めで読んでいたこともありますが、楽しめるレベルです。
 内容的に801の臭いが強いためまぁ合わない人には合わないでしょうねぇ。
 しかし、実写はやめたほうがいいと思うよ実写は…汚いだけだし。

ああっ女神さまっ それぞれの翼
 ああ女神さまだねぇという評価以外は特にないんですが、逆にいうとこれといってマイナスな点もなかったわけで。
 ああ、アニメだなぁという感じです(←当たり前)。

タクティカルロア
 一言で言えば劣化ナデシコです。
 まぁハーレム系のアニメなのでストーリーがというよりもキャラ同士の掛け合い、恋愛模様を楽しむためのアニメですね。
 悪く言えばどこかで見たようなよくある類のです。

となグラ!
 となグラ!面白いよって話をたまに聞くんですが、おもしろいの?っていうか私にはあんまり合わないという結論。
 まぁ作画崩れとかないしアニメとしては問題なく見れると思うので好きな人はどぞー。

N・H・Kにようこそ!
 作品としてみているとイラついてくるのでwということで主観です。もうおなかいっぱいだよって気分になります。
 まぁ踊る赤ちゃん人間は好きです。

無敵看板娘
 なんというかギャグアニメでしたという印象と、最終回にヒロインがゲ○か…いう印象しか残っていません。
 おもしろいこたー面白いですが第一線に立てる面白さではなかったかな。原作もアニメも。

D.Gray-man
 正直原作は微妙だなぁと思っているんですが(絵は綺麗だけど)アニメはまぁそれなりのクオリティをたもった作品って感じです。
 というか作画なんかは安定している方かと。
 ジャンプ作品のアニメかなので先が長いのでこれから評価は変化しそうです。

DEATH NOTE
 ものすごい勢いでノートに文字を書くキラ、ものすごい勢いでポテチを食うキラなどと笑いどころは多いです。まぁこのアニメに関しては他よりもかなり予算が違ってきそうなので作画などのレベルはかなり高め。
 これも評価はこれから変わりそうですが、いまのところふつーって感じなのでここに。

スーパーロボット大戦OG
 私はスパロボのオリキャラは好きなんですよ。好きなんですけどこの位置、そういう土壌がないともっと評価が下がりそうなアニメですね。
 まぁ黒歴史よりはましです。
 原作に沿って進んでいる分…。

護くんに女神の祝福を!
 うーん、オリキャラ、オリジナル設定がなければもっと評価できるのにという感じです。何よりもオリキャラがウザイwwwただでさえ生徒会の面子が一歩間違えればウザイだけになるのにそこらへんのバランスをめちゃくちゃにしてどうするという感じです。とはいったものの原作ファンの戯言なのでアニメではじめて知った人は「ああ、パンツだな」と思って喜ばれるに違いありません。
 このアニメをツンデレとして宣伝しようとしてみたり、ちょっと製作側はなに考えてるんだろうと思わなくもないです。

天保異聞 妖奇士
 江戸時代を舞台にした妖怪物のふりをした怪獣もの。うーんこれそれなりに面白いけど、子供にはあんまり受けないような…。ちょっと重すぎる話が多いです。BSあたりでやって知る人ぞ知るって感じのアニメという印象。
 つまんなくないけど、どの視聴者をターゲットにしてるのやらw

史上最強の弟子ケンイチ
 つまらなくないけど、いまいちイメージが原作と違った印象を持ったアニメ。原作者のチェックは入っているため、原作者にとってのケンイチはあんな感じなんでしょうねぇ。ということでちょっとしっくりきていません。まぁここは個人の好き嫌いの範囲ですし、原作は全巻持っているのでファンの戯言だと思ってくださいな。



微妙(興味があっる人だけ見ればいいかも)
落語天女おゆい
 歌丸師匠に恋する落語好きな女の子が主人公って時点でねーよwwwって感じの設定。さらに江戸時代にタイムスリップで変身モノなんだぜ?という完全にネタに走ったアニメ。
 しかし、ネタに走っても滑っては意味がないよねという典型的な例。
 注目するところは歌丸師匠本人が声を当てたことくらいか。

妖逆門
 要はポケモンの妖怪版。基本的に子供向けなので展開が読めることが多いです。
 ただ、富士鷹ジュビロ藤田和日郎原作なので「うしおととら」世代の人間にとっては一角や雲外鏡のおんじが動いてるということに反応したためちょっと見てましたが、毎回楽しみにという感じではなかったです。

xxxHOLiC
 手が!!!足が!!!にげてぇという感じで長いことが少し話題になったアニメです。TVアニメ放送前の映画版とやはり比較してしまうので若干評価は低め。
 特にここがいいねってのもないですからねぇ。

らぶドル ~Lovely Idol~
 先生!!!キャラの区別がつきません。というかシャッフルは区別ついたのになんかこの作品はキャラの名前が覚えられないなぁと。
 まぁEDでもみて洗脳されるか



駄作(見るのはお勧めしかねる)
魔界戦記ディスガイア
 なにを思ってアニメ化しようと思ったのかわからない作品。そもそも原作のPS2デスガイア自体、ゲームシステムはとても優れていたがストーリーは正直駄目駄目だったというのに…。
 ということで、そんな感じの作品でした。

エア・ギア
 漫画版の優れた部分をまったく生かしきれてなかったアニメ。OPをみてみるとなんかかっこよさというのがずれている感じ。悪く言うならば原作が表現したいものとかなりずれているよねという感じでした。
 まぁ最近原作自体も流し読みなんですけどねw

つよきす~Cool×Sweet~
 あーうん、原作をまったく感じさせないという点もあれだけど、夢オチ(劇でしたオチ)はよくないよ。
 馬鹿にされてるきがするし。

ギャラクシーエンジェる~ん
 OP好きですよ!!!
 それ以外はいりませんがっていうか、純粋につまらないのは製作側の力量不足だよな…。



(だが邪神だがな!!!)
MUSASHI -GUN道-
 この作品の前までは基本的に作画崩壊はヤシガニが定番だったわけですが、これ以後は「MUSASHI」というジャンルが形成されることとなったある意味すばらしいアニメ。
 一般人には次の展開がまったくわからないという斬新さが、カット修正なしの放送版DVDBOXを発売するくらい支持された。
 「うぉ、まぶし!!!」は今後10年くらいはネタにされるかもしれない。
※…ヤシガニも10年ネタにされてます。

夜明け前より瑠璃色なキャベツ
 私は思うんですMUSASHI -GUN道-は新しいジャンルを生み出しましたが、これはヤシガニの正統後継者だなって。
 あえて言うならどどんまいもあるよ!!!って感じでしょうか(どんな感じだよwww)。




補足
これだけアニメの本数が多いと結構、見ていない作品や一話しか見ていなくて後で見ようとおもって積んである作品も結構でてますねぇ。乙女はお姉さまに恋してるなんかも周りではけっこう評判がいいですが、私はまだ見ていなかったり(性格にはEDだけみましたwww)そんな感じなのであくまで私が見た中でのものを対象にしましたー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する