食堂二階

産能大学のSG研OBが適当に気になった話題や駄文などを書きなぐるブログです。

カフェインの致死量

一時間に6.5mg/kg、三時間に17mg/kg以上摂取した場合は100%急性中毒になるそうです。
カフェインが抜ければ症状は改善され、後遺症ものこらないとのことですが、
200mg/kg以上摂取した場合は死ぬことがあるそうです。
ちなみに5時間くらいで平均的に抜けるらしいです。

最近死亡事故があったモンスターの100ml内のカフェインは40mgです。
標準で販売している355ml缶のカフェインは142mgとなります。

mg/kgは1kg内の含有量なので、体重60kgの人になると60×6.5となり390mg、60×17は1020mg。
一時間に三本、三時間に九本飲むと急性中毒になりかねないということであってると思います。

致死量は60×200=12000mgとなるので84本飲むと死にかねないってことですか。

インスタントコーヒーで100ml内のカフェインは45mg、ウーロン茶で20mg、コーラ1缶で35mgという感じなので、モンスターが極めて高いわけではないですね。

死亡した14歳の少女は700ml缶を二本でカフェイン480mgとったところ、カフェイン毒性による心臓の不整脈との検視結果だそうです。
仮に一時間で二本飲んだと仮定し、体重が60kg以下だとするならば、急性中毒の目安である390mgは超えるということが分かりますね。

とはいえ致死量をかなり下回った数値なので、カフェイン毒性での死亡というのはちょっと怪しいなぁという感じです。

というかウーロン茶で20mgあるならば、一時間で2Lペット飲めば400mg摂取しますから、急性中毒の目安に達するわけで…ウーロン茶ならそれくらい飲もうと思えば飲めちゃうよなぁ…と。
致死量だと60リットルですね、ちなみに水の致死量は一日10~30リットルらしいです。
なんにせよ飲みすぎには注意ということですね。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記