食堂二階

産能大学のSG研OBが適当に気になった話題や駄文などを書きなぐるブログです。

【雑記】新年会で…ダメージを

毎年恒例の新年会に行ってきました。
今年は焼き肉でした。
が、参加した人はわかると思いますが、
デザートがロシアンアイスというのもで、
見事に引き当てました。

うう…。
といっても、一番ダメージが少なかったのが管理人だったと思うので
せっかくだからどんなもんかレポでもしておこうかと。

まずスプーンアイスを口に含んだ時、
明らかにアイスと違う粘着質の物体があることに気がつくわけです。
仕方がないから口に含んでみると
軽い刺激を感じたあとに、しゃっくりが出始めたんですね。

ここで管理人は気が付きました。
昔牛角でししとう頼んだ時に、変わったものしかないですよと言われ
じゃあそれでと頼んで食べたあと、
一時間近くしゃっくりが止まらなくなった時といっしょだと!

はい、激辛系でした。
辛さ的にはその時のものよりはマシだったんですが、
ドロッとしている分面倒なんですよね。
一番きつかったのが、胃にいったあたりです。
体へのダメージで、ヤツがどこにいったかわかるんですよ。

まず、脂汗が20分位出ます。
さらに、寒くもないのに体が震え始めます。
真冬に窓を開けっぱにしてシャワーだけで済ませた
あとの脱衣場で後悔するかんじの震えでしょうか。
なんとかなりそうだけど、あかん…って感じでした。

そんな状態になってはいましたが、
他に食べてしまった二人の様子のほうが心配で
ぶっちゃけ意識がそっちに向いていたりもしたんですよね。

たぶん、普通の人は管理人とおんなじ感じくらいで耐えられると思います。
ただし、店長があっけらかんと
「人によっては病院送りになったり、会社を2日休んだ人もいますよ」
とかいってたんで、駄目な人にはマジで駄目でしょう。

ダメージは大体一時間位で抜けましたが、
絶対トイレに行きたくなるというのは確定だったので
さっさと帰路につきましたとさ。